サッカーは見ていて楽しい

YouTubeで見るサッカーの動画が面白いです。

ほぼ毎日誰かがアップしてくれているので、ニュースを見たり、検索して情報収集しなくても、主な試合結果や凄いプレーが見られるので助かります。

一流選手のプレーはさすがですし、相変わらずブラジルは次から次へとスター選手が出てきます。

プレー的にはメッシやイニエスタなどのプレーが特に好きで、イニエスタは一瞬のセンスが凄いと思います。

メッシは最高のプレイヤーなので当然で、クリスチアーノ・ロナウドとはまた違った魅力があります。

全盛期のロナウジーニョのプレーもいかにもサッカーを楽しんでいるプレーで、悪くいうと相手をからかっているようにも見えてしまいましたが、それが楽しみでもありました。

サッカーはボール1つで、ルールもそれほど難解ではないので、プレイヤーの自由度が高くクリエイティブなプレーが数多く見られるスポーツなので、いつまでも飽きずに見ていられます。

まだスタジアムで見たことがないので、いつかは観戦してみたいですね。

Jリーグが例年以上に面白い

今季のJリーグはなかなか面白いですね。

何が面白いかというと、例年優勝争いを演じている鹿島アントラーズや浦和レッズ、ガンバ大阪など、Jリーグを代表する強豪チームが軒並み苦戦している点です。

特にガンバに至っては、開幕から負け続きで、一時は最下位に低迷していました。強豪チームが低迷することはあっても、これほどまでに全チームが低迷している状況は覚えがありません。

Jリーグは「チームの実力が拮抗していて、どこが優勝するか分からない」と言われ、世界一優勝争いが読めないリーグとされています。

この点が、最終節で逆転優勝などという数々のドラマを生み出してきたJリーグ最大の魅力であると私は思います。

現時点では昇格クラブや地方クラブの躍進が続いていますが、序盤は低迷した強豪クラブも徐々に息を吹き返してきています。

今季のJリーグは「まさかこのクラブが!?」といった驚きが、優勝争いや降格争いで見られるかもしれません。

毎試合毎試合が要チェックですね。

久々にワクワク

巷でも話題になっていますが、そう二宮君主演の「ブラックペアン」。

私はドラマはあまり見る方ではありませんが、医療系のドラマは見ることが多いのです。ですから、ブラックペアンは楽しみにしていました。

原作はチームバチスタの栄光の海堂尊。さすがご自身も医師免許を持っていらっしゃるということで説得力ありですね。

色々医療系のドラマは見てきましたがだいたい主人公の天才外科医は長身でイケメンだったのが、この作品の主人公渡海こと二宮君は小柄である意味新鮮です。

「邪魔!ドケ!」と、言ったり、見上げる様に他の外科医たちを罵倒する姿が。

また、過去に影を持っているような天才外科医は、昔見ていた織田裕二主演の「振り返れば奴がいる」以来かなと思って見てます。周囲には悪ぶっているのですが、

実は照れ隠しだったりしてと思わせるんですが。

現在のところ、内田聖陽さん演じる佐伯教授には従順ですが何か二人の間には過去に訳ありな雰囲気だなあ。佐伯教授がブラックペアンを使う理由なんかも楽しみです。

まあ、原作は読まずにネタバレ記事も見ない様にしてこれから楽しもうと思います。ハッピーエンドなら海渡はいつから正義の味方へ舵を切るのかな~。

屈折した心

だいぶ前の話になります、清原選手がが薬物で逮捕されたと言うニュースを観た時は衝撃でした。
プロ野球は子供のころから好きで、私はいわゆる清原世代ではないのですが、プロ入りしたあたりから清原選手を見ていたので、そのショックは大きかったです。

清原選手に憧れて野球選手になった人も多いでしょうし、野球のヒーローが堕ちるのは、、なんともいえないものがありました。
スポーツ選手には薬物に手を出す人が多い気がしますね。

普通の人間よりもアドレナリンは分泌されているはずなのになぜ必要以上に快感を求めてしまうのか。
プレッシャーから逃れるということもあるんでしょうか?

もしこの世に悪魔が存在するならばそれは心の世界にいるかもしれませんね。
清原は自分の心の仲にいる悪魔と戦って負けたんでしょうか。

もしかしたら戦ってすらいないかもしれませんけどね。

男のニキビ、季節の変わり目編

最近はようやく春めいてきて、かなり暖かくなりました。

コートももう着ることもなく、会社へと行っています。

暖かくなるのはいいのですが、ちょっと困るのが季節の変わり目。

自分の場合肌が弱いのか、季節の変わり目によく肌荒れを起こします
んー、なんなんでしょうね。。。

男のわりに保湿など気を使っている方だと思うんですが、かなりガサガサになります。

粉拭いたり、ちょっとかゆくなったり。

男のニキビで効く薬とかないですかね。。。

いつもいい対策が無くて、色々試してはいるんですがね~。

しょうがないものだと諦めるしかないんでしょうか・・・

冷え症と水毒について

「水毒」という言葉をこの間初めて知りました。

東洋医学の言葉らしいのですが、水毒とは、体の中で水分が留まり、一部に偏って調和がとれなくなっている状態とのこと。

水分を補給することはもちろん大事なのですが、その水分が体にダブつくとこの水毒を引き起こすようです。

この水毒が冷え症の元にもなるようです。

実際のところ私の中で東洋医学が半信半疑のところがあるのでどれほどの信憑性があるのかが疑問ですが(笑)

ただ、運動などで汗をかくなど排出面は大事になるのかなと。
代謝の部分ですね。

 

なんとなく、最近は料理もするようになった今日この頃。
水が美味しくないとなにを作っても微妙なんですよね。

なんて気になってもっぱら水について調べてます。
maforovist.com

今は普段の飲み水もペットボトルを買ってきてます。
飲み水以外にもコーヒーや料理にも使っていますし、いちいち買ってくるのもちょっと面倒だなと。

やっぱり家にウォーターサーバーでもおこうかなー

増税前に買い物に出かけた話

今日は、買い物に行きました。
買いに行ったのは食材や冷凍食品です。

4月から消費税が増税されるということで、多少の物は買い置きしておいてもいいかなと思ったからです。

私が行ったのは近所のディスカウントショップのようなスーパーでした。
そこはどんな物でも通常のスーパーよりも安い値段で購入できるのが特徴です。

ですが、さすがに3月の最終の日曜日ということで私と同じような考えをしている人が多かったようで、お店はとても混雑していました。

本当はミネラルウォーターも大量に買い込みたかったのですが、残念ながら在庫が切れてしまっているとのことで購入することができませんでした。
たった3%のことですが、増税はやはり大きなことのように感じてしまっております。

保険の見直しをしてみた。

加入している保険がどうも毎月の保険料が高い上に保証も悪いのではないのかの疑念があったので保険プラザへ言って相談してきました。
すると最近の病院事情としては入院よりも通院が多いそうです。
私の保険には通院保証はなかったのですね、しかも入院保障は入院5日目からでした。
最近は日帰り入院などの短期入院が主流であって5日目とはよほどの事でもないとありえないとの事でした。
いろいろ話を聞くと自分はなんて保険に疎いのだろうと思いましたが、多くの方が保険については良く理解していないとの事です。
いくつは保険を紹介してもらいました、どれも毎月の保険料は下がるし保証も手厚くなる物ばかりでした。
その中からいろいろ検討して一つに絞りそれに無事加入しました。
相談してよかったです。

雨の中でも散歩して茶団子を買う

今日は雨が降ってるが、行きたい所があるので散歩する。
行きたい所とは、団子屋さん。
という事で早速お出掛け、傘をさして歩く。少しずつ、雨が止む。とはいえまだ、雨は降っている。
雨が降ってるのに高校生?がランニングをしている。自分も有ったな、こんな時期。
と思って見てみると横の車道から、車が走り去り水溜まりに突入、水が飛んでくる。素早く傘で防ぐが、まだ雨降ってたから少し濡れる。
ドボドボに近い服装で団子屋さんに到着。
ここの茶団子は非常にお安く、味も絶品、多分なかなか見かけないほうじ茶団子はやみつきになります。
というわけでほうじ茶団子と抹茶団子を3本ずつ、購入しました。
内4本はすぐ頂き、あと2本は置いて・・・おこうと思っていたが、無理でした。我慢出来ずに全部完食、お腹、大丈夫かな?

ドコモショップの混雑に驚いた話

先週の土曜日、街がめちゃくちゃ混雑していました。
私は、ドコモショップに用事があったので夕方過ぎにショップまで歩いて行きました。
そこで、びっくりした現実に直面しました。
それは、なんとドコモショップの混雑具合です。
最近はいつも携帯電話ショップが混んでいるというのは認識としてあったのですが、今日の混み具合は半端なものではありませんでした。
ショップの中にはあふれ返るほどの人が詰めかけていて、お店の中には「現在90分待ち」という張り紙がしてあったほどです。
さすがに90分も待って対応してもらうほどの時間的余裕はなく、しかたなくそのままショップを出てきてしまいました。
次は平日の、比較的空いていそうな日に行ってみようと思います。

動いても動かなくても

サラリーマンの最大の関心は異動にある。
まあ、自分の今後の会社人生を決定づけかねない行事であり、職場で1日の3分の1以上を過ごす以上、机を並べる上司同僚部下が気の合う人間か、少なくとも対立項にある人間でないかはとても大切だ
初めて異動を告げられる立場から告げる立場に替わり、といっても現場に立ち会って「頑張ってね」というだけのことなんだけど、自分と直接関係ない話なのにちょいと緊張したのは、やっぱり自分より年少の人間たちの人生を変える(かもしれない)場面を前にして、彼ら彼女らがどう感じるかを斟酌するせいだろう。
私自身はあまりに意外な異動ばかりを経験してきたせいで、そうは動じなくなった、つもりだったけど、ちょうど1年前のそれはさすがに考えさせられた。

立ち食いうどん大好き

きのう、久しぶりに立ち食いうどんを食べました。

味覚がB級だからかもしれませんが、いまでも、一番美味しいうどんは立ち食いでしか食べられないと信じていますw

よく食べるのはスタミナうどんですね。地域によっては「天玉うどん」といわれるものです。仕事が外回りだったときからの習性で、お腹もちがよくて、さっさと食べられるのがいいんです。入っている具は「かきあげ」と「生卵」です。

「ハイお待ち」と出てきたどんぶりを手にするとまず、たっぷり七味をかけます。一緒に食べる人がいたときは、必ずびっくりしていましたね。かきあげが真っ赤になるほどかけてましたからw

そして、卵とかき揚げをぐしゃぐしゃに潰します。それから麺をすすり、あっという間に食べ切ります。

ほんと、美味しいです。ちなみにおつゆはすべて飲み干すタイプです。七味も全部体の中に入りますので、食べたあとはドッと汗が吹き出します。だからハンカチは手放せません。冬も夏も同じです。

向き不向き

向き不向き、という言葉ですぐに思い出すのは、「営業」という仕事への根拠無き偏見です。

よく耳にするのは「営業するくらいだったら職場辞める」ということばです。

なんだか営業って、極悪非道な感じですね。はたしてそこまでいわれるほど営業ってとんでもない仕事なんでしょうか?

私はそうは思いません。逆に、とても楽しい仕事だと思います。

特に内向的な人や人間関係づくりが下手だと自覚している人に限って、営業という仕事を避けがちです。実はこれは逆なんですね。

そういう人ほど営業の仕事についたほうがいいと感じます。内勤の場合、それこそ会社での人間関係のストレスに日々晒されますよ。

外に出る機会が多い営業の方が絶対に人間関係のストレスは少なくなります。

虫歯と歯周病

私は口腔内の手入れを入念にしているつもりなのだけど、もともと歯並びが悪いので、どうしても手入れが行き届かない歯と歯のいびつな隙間があります。
今のところ、虫歯や歯周病には至っていないけれど、定期的に歯科医院を訪れてプラークコントロールをしてもらっています。
歯の隙間にプラーク(歯石)がたまると、そこに虫歯や歯周病の細菌がいっぱい巣食うことになりますから、要注意ですね。
歯はいったん虫歯にやられると、その部分は修復できません。
さらに放置すると、穴があいて、やがて歯の奥の神経に触れて激痛を伴います。
歯周病の場合は、歯茎が細菌にやられて、歯を支える力を失っていきます。
口腔内の二大疾患と言われる虫歯や歯周病にかからないためには、予防がとても大切ですね。

来年から証券税制が変わる

来年から証券税制が変わります。
ひと言で言えば、10%から20%になります。
もともと20%だったのですが、ここ何年か優遇措置がとられていて、
10%に減額されていたのです。
10%にすることで、投資する人を増やして活性化したいと考えたわけです。

そして今年、ある程度活性化したと判断したのか、
来年1月から元の20%になる予定なのですが、
投資家にとっては厳しい税制とも言えます。

なぜなら、投資で利益を上げられる人は少数です。多くの投資家は損しています。
損しながらも、ときには利益になる場合があります。

そのわずかな利益に対して20%分の税金を徴収されるのですから、
厳しいと言わざるを得ません。

10%から20%になることで、現状よりも投資する人が減ってしまうこと考えられます。