Jリーグが例年以上に面白い

今季のJリーグはなかなか面白いですね。

何が面白いかというと、例年優勝争いを演じている鹿島アントラーズや浦和レッズ、ガンバ大阪など、Jリーグを代表する強豪チームが軒並み苦戦している点です。

特にガンバに至っては、開幕から負け続きで、一時は最下位に低迷していました。強豪チームが低迷することはあっても、これほどまでに全チームが低迷している状況は覚えがありません。

Jリーグは「チームの実力が拮抗していて、どこが優勝するか分からない」と言われ、世界一優勝争いが読めないリーグとされています。

この点が、最終節で逆転優勝などという数々のドラマを生み出してきたJリーグ最大の魅力であると私は思います。

現時点では昇格クラブや地方クラブの躍進が続いていますが、序盤は低迷した強豪クラブも徐々に息を吹き返してきています。

今季のJリーグは「まさかこのクラブが!?」といった驚きが、優勝争いや降格争いで見られるかもしれません。

毎試合毎試合が要チェックですね。